2016
05.29

スポーツが人種差別に勝った実話の映画!「42 〜世界を変えた男〜」

42 世界を変えた







ノンフィクションものの映画であり

アメリカのメジャーリーグで黒人(非白人人種)として初めて

野球選手となったジャッキー・ロビンソンの話ですね。


ストーリー

当時の1947年のアメリカでは白人以外の選手は、どんなに能力があっても

メジャーリーグではプレイする事は許されませんでした。

その背景には根強い人種差別がありました。

当時のドジャースのオーナー、ブランチ・リッキーは黒人選手のジャッキー・ロビンソンを

チームに迎い入れます。

ジャッキー・ロビンソンはメジャーでプレイする事になるのですが、

それを良く思わない周りの人々に心無い誹謗中傷やブーイングなどを浴びせられます。

心が折れそうになるロビンソンでしたが、オーナーや奥さん、そしてチームメイトに支えられ

いつしか彼に批判的だった人々も彼のひたむきなプレーを見て、徐々に彼を応援していくようになります。

やがて、ジャッキーとそれを支えた日々との努力が実り、

スポーツを通じ人種差別が強い世の中を変えていきました。



この映画は実際にいた黒人選手のジャッキー・ロビンソンのお話しですね。

メジャーリーグに詳しい人ならわかると思うのですがw

毎年このジャッキーが初めてメジャーに出場した日を記念して

すべての選手が42番の背番号をつけるという、粋な計らいがあるんですよw

42.jpg


↑これですね。

さらにこの42の背番号は全球団で永久欠番になっています。

当時は今以上に人種差別が根強く、メジャーリーグ以外でもNBAなどでも黒人が活躍する事は

ありませんでした。 映画「グローリーロード」ではNBAに黒人選手が出場できるきっかけとなった

大学で初めて黒人選手を起用した監督の話があります。

このように昔は「人種が違うだけ」でスポーツさえも隔離されてしまう、悲しい世の中だったわけですね。

今でもこのような差別が残ってる部分があるので、まだまだ考えさせられる所ではありますね。


まあ、映画の話に戻りますと、このジャッキーとそれを支えた人々がいなかったら

今日の白人以外のメジャーリーガー、バリーボンズ、オルティーズ。 そして、野茂、イチロー、ダルビッシュ

などなどの日本人メジーリーガーも生まれなかったわけなんですよね。


この映画でとても心にぐっときたシーンがありまして、

まだ、ジャッキーがメジャーの舞台に立って間もない頃に

周りは批判的な人々が多く、ジャッキーを応援してくれる人が少なかった時に、

奥さんと散歩しているシーンがあるのです。

そんな中一人の中年の白人男性がジャッキーの元に近づいてくるのです、

ジャッキーは何か悪い事をされるのではないかと、身構えるのですが

その男性はこう言うのです。「君の活躍を応援している。このあたりの連中はみなそうさ。機会は平等に与えられるべきだ」と

また、最後のシーンではジャッキーが白人のチームメイトとシャワーを浴びるシーンがあるのですが、

肌の色が違う自分が一緒にシャワーを浴びれば、嫌がる仲間がいるかもしれないと、

皆が終わるまでジャッキーはロッカーで待っているんですが、

チームメイトがそこでジャッキーに「ジャッキー、一緒にシャワーを浴びよう。仲間じゃないか」と、

少し冗談を言って、ジャッキーを誘うシーンは

ジャッキーも立派な皆の仲間になれたんだなと、心にぐっとくるシーンでもあります。

野球というスポーツを通じて、人種差別が強かった世の中に打ち勝った

ジャッキーとそれを支えた人々の勇気がでる、そんな素晴らしい映画ですね。

この映画に感動したら、ぜひ、バスケットボールでの人種差別にうちかった「グローリーロード」

白人と黒人の混合チームができお互いを理解していく、アメフトの「タイタンズを忘れない」

などなども、ぜひ見てほしいですね♪

やっぱり、映画やスポーツ、音楽って素晴らしいです。 国や人種、言葉の壁を全部うちはらってくれる

とってもいいものですねw







スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2016
03.25

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

ロボとうちゃん




映画の画像と前評判が良かったので見てみましたw

すごい名作でしたね。

クレヨンしんちゃんの映画というと「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦」が感動する映画として、

名前が挙がるんですけど、これもすごいよかったですね。


ストーリーは

エステのマッサージ無料体験ができると言われ

エステを受けたひろしが自宅に帰ると、自分の体がロボットに改造されている事を知る。

自分の体を改造した敵を見つけるために、いろいろと奮闘したりする感じですw


実はこれ正確に言うと改造されたわけではなく、そこら辺の話が

この映画の肝になっており、いろいろと考えさせられる部分がでてくるわけなんです。

私はそれを知ってその先のシーンを見た時に

ものすごく切ない気持ちになりました。 すごく考えさせられるというか・・・。


こういうコメディ映画は感動の部分や、ちょっと深いシーンを入れると

より心にしみますねw コメディだから気軽に見れる分、ギャップがあって面白くなるんでしょうね。

オススメです。ぜひ観てみてください。


Comment:0  Trackback:0
2015
10.25

奴隷制度廃止に人生をかけた人たちの物語「アメイジング・グレイス」

アメイジング




1833年のイギリスで奴隷制度廃止法が可決されます。


奴隷廃止に向けて自分の人生をかけた人物、ウィルバーフォースを描いた映画ですね。


この映画のタイトルでもある「アメイジング・グレイス」は

黒人奴隷について歌った賛美歌です。

この曲を作ったジョン・ニュートンは昔、奴隷船の船長をしており

その航海中に海難事故にあい、生死をさまよいます。

その時の経験から自分の過ちに気付き、牧師になりこの曲をつくったわけですね。


この曲とジョン・ニュートンに感化されて

ウィルバーフォースは奴隷廃止運動を行っていくわけです。


この映画はほんとに面白かった。


奴隷を開放しようとする、ウィルバーフォースと

一緒に運動を行った仲間達や首相になった親友のウィリアム・ピットの熱意がすごいと思った。

あの時代の奴隷制度はごく一般的な事でもあり

それに対して意義を唱え戦い続けたのは、とても偉大な事ですね。



この法案が可決された30年後にアメリカで南北戦争が起こり

それの終結と共に最大の奴隷制度の国だった、アメリカで奴隷の廃止が起こるわけですが、

その後も黒人や有色人種差別などが長い間差別され続けます。

この後のアメリカの歴史を描いた映画「大統領の執事の涙」や

人種の壁を打ち破いたスポーツ映画「タイタンズを忘れない」「グローリーロード」

「42 世界を変えた男」などがあります。


スポーツや音楽などを通して国や人種を超えて

同じものに心を震えて感動し、分かり合う事はすごい美しく素晴らしいものだと思う!

だから俺はスポーツや音楽、ロックが大好きなんだ!




Comment:0  Trackback:0
2015
08.29

ジュラシックワールド

wRK52hhL.png




ジュラシックワールド 観てきましたw

ジュラッシクパークシリーズの4作目になりますね。

ストーリーは特にこった設定ではないのですがw


1で実現できなかった

ジュラシックパークを実際にアトラクション施設として

運営に成功するわけなんですが、

さまざまな生物から組み込まれたDNAを持つ恐竜「インドミナス・レックス 」(実際には存在しないらしいですw

が、檻から脱走してしまい、パーク内が大混乱に陥ってしまう。


みたいな感じでしたw

なかなか面白かったですw 演出がすごいびっくりして、ホラーみたいだったw

それと最後は恐竜対決みたいなw

ポケモンみたいになってて面白かったですw







Comment:2  Trackback:0
2015
08.09

衝撃作!「バタフライ・エフェクト」

51RWZFT6EJL.jpg






~あらすじ~

主人公のエヴァンは幼い頃から、時折り記憶を喪失してしまう少年だった。

母アンドレアはエヴァンの脳波を精神科の医師に検査してもらうが、

何も奇妙な点は見出せずにいた。

精神科医は治療のため、毎日の出来事を日記につけるように勧められた。

エヴァンは、幼い頃に後の人生を決定づけるいくつかの事件に遭遇していた。

しかし、事件が起きた時には記憶を喪失し、何が起こったのか覚えていなかった。

数年後エヴァンは大学生となり、心理学を専攻していた。

ある日、古い日記を読んでいると、エヴァンの身にある事が起きる・・・。



友達に勧められて見た映画だったのですが

ものすごいよかったw

カオス理論っていう理論を応用した(?)映画らしいのですw

結末を見てみると人それぞれ思うことがあり

いろいろと意見が分かれる映画だと思います。

実際に公開されたエンディングとは別に

いくつかのエンディングが用意されていたらしいのですが、

私は公開されたエンディングが1番良かったと思いますw

最後のシーンではOasisの「Stop Crying Your Heart Out 」が流れて

それが物凄く映画にマッチしてていいんですよねw(上の予告編で流れた曲ね

この曲がOasisを好きになったきっかけの曲だったから、

それが嬉しくて友達とかゲームのフレとかにメールをたくさん送りましたw

ほんとにいい映画なので、ぜひぜひ見てください。


予告を改めて観ると、けっこうネタバレっぽい感じが・・・w

予備知識無しで観たから、途中からの展開にけっこう衝撃だったけど

予告観ちゃうと展開わかっちゃうねw






Oasis - Stop Crying Your Heart Out (映画のエンディングで流れた曲



朝が来ると星が見えなくなるように
みんないつかは離れていく
ずっと一緒にはいられない
だけど怖がらなくていい 
夜になれば星が輝き出すように
いつかはまた会えるんだから
だから本当に必要なものだけを持って
自分の信じる道を行けばいい
そんなに悲しむ必要なんかない
大丈夫なんだから
心配しなくていいんだよ


Comment:2  Trackback:0
back-to-top