2015
10.25

奴隷制度廃止に人生をかけた人たちの物語「アメイジング・グレイス」

アメイジング




1833年のイギリスで奴隷制度廃止法が可決されます。


奴隷廃止に向けて自分の人生をかけた人物、ウィルバーフォースを描いた映画ですね。


この映画のタイトルでもある「アメイジング・グレイス」は

黒人奴隷について歌った賛美歌です。

この曲を作ったジョン・ニュートンは昔、奴隷船の船長をしており

その航海中に海難事故にあい、生死をさまよいます。

その時の経験から自分の過ちに気付き、牧師になりこの曲をつくったわけですね。


この曲とジョン・ニュートンに感化されて

ウィルバーフォースは奴隷廃止運動を行っていくわけです。


この映画はほんとに面白かった。


奴隷を開放しようとする、ウィルバーフォースと

一緒に運動を行った仲間達や首相になった親友のウィリアム・ピットの熱意がすごいと思った。

あの時代の奴隷制度はごく一般的な事でもあり

それに対して意義を唱え戦い続けたのは、とても偉大な事ですね。



この法案が可決された30年後にアメリカで南北戦争が起こり

それの終結と共に最大の奴隷制度の国だった、アメリカで奴隷の廃止が起こるわけですが、

その後も黒人や有色人種差別などが長い間差別され続けます。

この後のアメリカの歴史を描いた映画「大統領の執事の涙」や

人種の壁を打ち破いたスポーツ映画「タイタンズを忘れない」「グローリーロード」

「42 世界を変えた男」などがあります。


スポーツや音楽などを通して国や人種を超えて

同じものに心を震えて感動し、分かり合う事はすごい美しく素晴らしいものだと思う!

だから俺はスポーツや音楽、ロックが大好きなんだ!




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top