ヒデユキとロックスター達

映画や音楽、ゲームなどについて書いていきます。

カオス理論。彼女を助けにいく、何度でも。どんな事でも・・・。映画「バタフライ・エフェクト」を紹介します。


皆さん、こんにちは

今回は2004年に公開された映画「バタフライ・エフェクト」を紹介します。


51RWZFT6EJL.jpg







~ストーリー~

主人公のエヴァンは幼い頃から、時折り記憶を喪失してしまう少年だった。
母アンドレアはエヴァンの脳波を精神科の医師に検査してもらうが、
何も奇妙な点は見出せずにいた。
精神科医は治療のため、毎日の出来事を日記につけるように勧められた。

エヴァンは、幼い頃に後の人生を決定づけるいくつかの事件に遭遇していた。
しかし、事件が起きた時には記憶を喪失し、何が起こったのか覚えていなかった。

数年後エヴァンは大学生となり、心理学を専攻していた。

ある日、古い日記を読んでいると、エヴァンの身にある事が起きる・・・。



カオス理論の一つバタフライ効果が映画に取り入れられています。

バタフライ効果とは?
力学系の状態にわずかな変化を与えると、
そのわずかな変化が無かった場合とは、その後の系の状態が大きく異なってしまうという現象。

作中で主人公はヒロインとなる自分の彼女が不運な事故や
人生の選択で
不幸になってしまう現実を変えるために
何度も過去の自分へとタイムリープを繰り返します。

タイムトラベルを扱った作品をご覧になった方はなんとなく意味がわかると思います。
過去のちょっとした出来事で、未来が大きく変わってしまう現象。

例えば、
今現在家にいる私が買い物のために外出したとしましょう。
道路を歩いている時に運悪く車とぶつかってしまい、
一生車イス生活に。

この現実を変えるために過去に戻り、
私が「外出をする」行動を防ぐことによって
外で車とぶつかる事がなくなるわけです。
結果車イス生活の未来な無くなるわけですね。

過去の行動を少し変えてしまうだけで未来自体を大きくかえる。
これがバタフライ効果と言えるでしょう。

これを駆使し
主人公は何度もタイムリープをして
彼女を救い出そうとするのですが・・・
結果、衝撃的な結末へと繋がるのです。

実際に公開されたエンディングとは別に
いくつかのエンディングが用意されていたらしいのですが、
私は公開されたエンディングが1番良かったと思いますw

人によって意見が分かれる作品ですね、

最後のシーンではOasisの「Stop Crying Your Heart Out 」が流れるのですが、
それが物凄く映画にマッチしてていいんですよねw(上の予告編で流れた曲。

この曲がOasisを好きになったきっかけの曲だったので
この映画を見たときに感動が2割マシだった気がするw




↑ブログランキングに参加してます! クリック お願いします♪





Oasis - Stop Crying Your Heart Out (映画のエンディングで流れた曲



朝が来ると星が見えなくなるように
みんないつかは離れていく
ずっと一緒にはいられない
だけど怖がらなくていい 
夜になれば星が輝き出すように
いつかはまた会えるんだから
だから本当に必要なものだけを持って
自分の信じる道を行けばいい
そんなに悲しむ必要なんかない
大丈夫なんだから
心配しなくていいんだよ

あの暑かった夏。ぼくにとって毎日が宝石だった。ps2ソフト「ぼくのなつやすみ2」を紹介します。


皆さん、こんにちは!
今回は

2002年にps2から発売された「ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇」を紹介します。
リメイク作として2010年にPSPで「ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!」も発売されています。

僕の夏休み






ぼくのなつやすみはシリーズ化されており

1~4がシリーズ作品として発売されています。これとは別にリメイク作として
1と2のリメイク作品が発売されていますね。
シリーズ化はされているのですが

どれも続編と言うわけではなく(ただし、ぼくのなつやみ2の登場人物が4の冒頭で少しだけ登場する)
、昭和50年代(ぼくのなつやみ4だけ昭和60年代)の
日本のどこかの地域がモデルになっています。
そこに主人公の「ぼくくん」(シリーズは繋がっていないので別人)が

夏休み中に親戚のおじちゃん、おばちゃんの家に遊びにきて
1か月の夏休みを過ごす。というのがゲームの流れですね。

シリーズの中でも特に人気の高かった「ぼくのなつやすみ2」を今回は紹介していきます。


~ストーリー~

本作は、昭和50年(1975年)8月、母親が臨月を迎えたため、
9歳の少年「ボク」が、伊豆半島の田舎町「富海」(ふみ)の田舎のおじの家へ預けられ、
8月1日から8月31日までという決められた時間の中での過ごし方を自由に決め、行動し、
子供のなつやすみを満喫する事を目的としたゲームである。


2の舞台は伊豆半島のとある田舎町。
主に海が舞台ですね。
特に2では個性的な登場人物がたくさん登場します。



世界中を旅しながら写真をとっている
ちょっと変わっているお兄さん
サイモン

中盤から民宿にやってくる不思議な女子大生?
芳花さん

優しく、いつもニコニコしている
凪咲さん

OPの船からぼくくんと一緒で、すぐに仲良くしてくれた
靖子ちゃん

ロケット少年
洋くん

お盆の診療所に現れる
謎の少女


などなど・・・

リメイク版の
「ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!」には
新しいキャラクターが追加されています。


19歳の新進気鋭の女性作家
つみれちゃん

ナゾナゾ姉妹
チョコ&カコ

作中でのぼくくんと大人達の会話が面白かったり、ちょっと切なかったり
いろいろ考えさせられたり・・・




ぼくくん「何歳から大人なの?」
凪咲さん「じゃ、ぼくくんは何歳まで子供でいたい?」
ぼくくん「え?そんなの考えた事ないよ」





「ねえ、君は悲しいことへいきかな?」
ぼくくん「え?どういうこと?」
「いや、やっぱりなんでもない」


ゲームシステムとしては
虫をとって相撲をしたり、海で泳いだり、釣りをしたりなど
特に何かをしないといけないという方向ではなく、
1か月間を自由に過ごす事になります。


ゲームの最後ぼくくんは東京に帰ってしまうのですが、
ぼくくんの楽しかった1か月とプレイヤーが無邪気だった夏の子供時代、
ここら辺がぴったりとリンクして

感動して涙が流れた人も多いのではないでしょうか。
ノスタルジックな気分に。

きっと来年も再来年も・・・

忙しくて遊びにこれなくても
数年に何度か、ぼくくんはおじさんの民宿に遊びにきたでしょう。
あの暑く、そして毎日が宝物だった時代を思い出させてくれるゲーム

「ぼくのなつやみ2」を皆さんもぜひぜひ遊んでみてください。




↑ブログランキングに参加してます! クリック お願いします♪

これは・・・。


あかばん
あかばん2 編集


やりすぎた・・・。




↑ブログランキングに参加してます! クリック お願いします♪

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

Author:ヒデユキ

↑ブログランキングに参加してます! 
 クリック お願いします♪




名前 ヒデユキ
Oasis 映画が好き

アカウント凍結により、しばらくお休み 汗

最新記事

カテゴリ

お気に入りの映画紹介 (8)
音楽関係 (2)
ゲーム (4)
フィギュア (2)
その他 (5)
作製動画 (6)
TOP (1)
大航海時代オンライン (26)
DOLから見る。歴史やファッション (2)

最新コメント

月別アーカイブ

LINK

このブログをリンクに追加する

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん